スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのカチーン!!

養成校の1年生。

2月の体育はバレーボールです。

バレーボールやバスケットボールをするときに
日本では必ず得点板を使って点数を明らかにします。

しかし、カンボジアには得点板なんて
もちろん売っていません。

普段は、口で1対1とか。
2対1とか言いながらゲームをします。

でも、そのうちよくわからなくなって、
点数があやふやになり。。。
結果、勝ち負け適当。

まぁ、それはともかく、
点数の入り方がよくわかっていない。
(勝ち負け適当。ルールも適当。みたいな。)

ここは養成校。
点数の入り方やゲームのルールをしっかり
学生にわかってもらいたいという思いで
得点板を作ってみました!

じゃじゃん。
P2150641.jpg

外枠はよくプサー(市場)で売っている物干し竿。
得点をプリンターで印刷してラミネート。

なんと800円ぐらいでできました。



が!!しかしっ!!!
カウンターパートにこの得点板を見せたことろ…

てっきり喜んでくれると思ったのに
反応があまりよくない。。。

そして、、、

「これを使うなんてクチョルだ。」

と言われました。
※クチョル=怠けもの

簡単に言うと必要ないと言われたってこと。

一生懸命作ったのにさすがのわたしもカチーン!!!

初めて体育の先生に感情的になってしまいました。

「どうしてクチョルなの?学生はバレーボールの点数の入り方がよくわかっていない。得点板を使った方が学生にとってわかりやすい。」

と。すると、

「カンボジアは貧乏だからこんなものを買うお金はない。小学校にも得点板なんてない。口で数えたり土にかけば充分。これを使うのはクチョルだ。」

と。私も負けずに、

「たしかに、カンボジアの小学校は得点板は買えないかもしれない。でも、ここは養成校。ちゃんと得点板を使って点数の入り方やゲームのルールを教えるべきだ。カンボジアは今は貧乏だけど10年後にはもっと発展して得点板だって買えるようになっているかもしれない。その時、学生たちが得点の入り方やルールがわからないじゃ困る。」

と。すると、

「いったいこれを買うのにいくらかかったのか。」

って。

「自分で作ったから8ドルぐらいしかかかっていない。」

そう言うと、思ったより安いと思ったらしくちょっとびっくりした様子。それでも、

「でも、もし自分が8ドル持っていたら別のものを買う。」

って!!ルックルーもちょっとムキになっている様子。
私の方もさらにカチーン!!!!

「じゃぁ、この間、職場対抗バレー大会のときに学校が買ったシューズは何なの。1日の試合のためだけに6足も買って。そのお金の使い方の方が私はわからない。先生たちの娯楽のためにではなく、学生たちのためにお金を使うべきだ!!」

って言い返してしまいました。
(いざとなると苦手だと思っていたクメール語も出てくるものですね。笑)

それでもルックルーの言い分は変わらず。。。
いつも温和なルックルーの顔もその時ばかりは
カチンときたような厳しい顔。

たまらず、

「じゃぁ、この得点板は使わないってことね。」

と聞くと、

「さやが買ってくれてあるからこれは使う。でも、自分だったら買わない。」

と一点張り。。。
結局平行線。。。



私も少し考えさせられました。

ついつい感情的になってしまったけど、冷静に考えてみれば、外国から与えられるもの全てに「ありがとう」と、よく考えずにものを貰うカンボジア人がたくさんいる中、それは贅沢なものだと突っぱねるルックルー。

その感覚は素晴らしいと思った。

相談なく得点板を作ってしまった自分に反省。
作る前にちゃんと目的を告げ、
ルックルーにも手伝ってもらえばもっと違ったはず。

「自分だけで作った方が早いし、説明するのも面倒。」
と、一人で勝手にやってしまったことがよくなかったな~と。


とりあえず、ルックルーとの初めての言い合いは
お互い言いたいことを言って停戦しました。。。笑



そんなこんなでひと悶着あった得点板。

先日初めて出番がきました。
得点板を見た学生たちは

「これを使って試合をするの~!??」

と、うちらのひと悶着はいざ知らず嬉しそう。

周りにいた付属小学校の子どもたちも
得点板の近くにきて嬉しそうに
点数を裏返すのを手伝ってくれました。

試合中も得点板を見ながら大盛り上がり。

点数を意識しながらゲームをする
学生の姿を初めて見ました。



ルックルーが言うように、
カンボジアにとってはまだ贅沢品の得点板。

これを導入したことについては
間違っていたとは思いません。

カンボジアにあるもので作ったので、
学生にだってつくれます。

ただ、
「一緒に作る」
ってことを怠ったことについては
すごく後悔しています。

時間がかかっても、面倒でも、
「一緒にやる」
ってことをこれからは大事にしていこうと思います。


ちょっと真面目な話でした♪♪


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

いい学習だぁ

得点板、シンプルでステキよ。
得点板導入で学生がより楽しんでくれたことはうれしいよね。
とてもすてきな取組。
自分の行為を見つめ直せたエンマメ、えらいです。
コミュニケーションに関する学びだね。
エンマメの考えにも、反省にも共感できるわ。

kanappeさん

素敵って言ってくれてありがとう♪

たしかに!!
コミュニケーションに関する学びでした。

ちなみに
こっちへ来て8割はパラランゲージです。笑

反省生かしてまたがんばるぞぉ~~!

こんな時は・・・

もちろん・・やっていると思うけど・・プシッ・・ぷはぁ~と
セット数を表示する所がないよ(^O^)

No title

おちかれさん。

得点板、すごくいいのにね。

こんなんを作ってしまうえんさやはさすがだわ。

そのカウンターパートいけてな~い!!

いっちゃんさん

もちろん、ぷしゅーっとやりましたよ♪

セット数!!
すっかり忘れていました~笑
さすが、目の付けどころが鋭いっすねぇ。

uraikanaさんへ

励ましのお言葉ありがと~~!!

カウンターパートとのコミュニケーション、
なかなか難易度高いよね。笑

めげずにがんばるよ~~~!!

ファイトだ~!

8割がたパラランゲージとは驚きだ!

そうそう。反省を生かして前向きに進むのだぁ!

No title

点数あやふやで勝ち負け適当って
どっかのバドミントンのサークルみたいだなぁ。
でも、日本のようになんでも競争して勝ち負けを決めるのが嫌いだから
勝ち負け適当で楽しくゲームする方が好き。

「カチーン」って話だけど
これってルックルーちゃんがサヤちゃんのネタを
理解できなかっただけでしょ?
一緒にやったらびっくりさせられないでしょ?
その後のやり取りは
サヤちゃんの方が筋が通っているけど
話がすごく深刻になっちゃったね。
ハズしてもめげないようにもっとMっ気を磨かなきゃ。

むしろ、「ルール適当」になる原因の方が問題じゃない?
確かに、得点板がなくてもちゃんと口で数えればいいとは思うから
みんなで点数数えるとか他の工夫もできるよね。
そもそも、ルール適当のゲームって面白くないんじゃ……

でも、得点板の評判がよくてよかったね。
この際、サヤスポーツでカンボジアの小学校へ売り込んだら?
セット数と残り時間(バスケットボール)を加えて
物干し竿だけに二本で千円で。

久しぶりなので
ちょっと真面目なコメントでした♪♪

No title

先生ハガキありがとうございます。
ぼくもいろんなことにチャレンジして
がんばっています!!    

kanappeさん

言語ができない分、いいのか悪いのか、
パラランゲージに頼ってしまうのです!笑

明日からも前向きにがんばりますよ~♪

あっきーへ

真面目コメントありがと~!

さやちゃん・・・って!笑

そうそう、ルールがはっきりしないってのが
一番の問題だったんだよね。

例えばこの間のバレーの試合でいうと、
得点板ができて点数がはっきりすることで、
「タッチネット」とか、「サーブの時にラインを踏んだ」とか、
そういう細かいルールについても気にすることができていたよ。
得点がはっきりしないときには適当だったのに。
それだけでも効果はあったかな~って。

あっきーが言うように、「勝ち負け」について、
日本の教育でも問題になっているよね。
例えば、運動会で順位をつけないとか。

でもね、カンボジアへきて、「競争する」
ことは大事だって改めて思うようになったよ。
勝っても負けてもそこに必ず学びがあるから。
詳しく語りだすと長くなるのでこの件については
また今度、お酒のつまみにでも♪


みうたく

コメントありがと~!!
みうたくもいろんなことにチャレンジして
がんばっているんだね♪
何よりもうれしいコメントだよ!

チャレンジすることは勇気がいるけど、
必ず自分の成長につながるはず。
そう信じて先生もカンボジアでがんばっているよ♪

お互いがんばろうね!!

ナイス!

見つめることは子どもたちの反応。結果がどうあれ、あなたが作ったもので子どもたちが喜んでいるなら、作った価値があるってもんよ!でも一緒に作ったら良かったって自分の行動を振り返られるなんて成長したんじゃない??いい内容のブログだったね!読んでて楽しかった!

晶吾へ

メッセージありがとう♪
そうそう、イラッとするような時こそ学びのチャンスがあるって
最近思えるようになったよ。成長したしょ!笑

子どもたちの反応には励まされました。

また反省点を生かしてがんばりま~す。

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

サヤ

Author:サヤ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。