スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災

大震災から早10日が経ちました。

今も余震が続いているというニュースが
ここカンボジアにも届いています。

あまりの大惨事に言葉を失います。
現実なのか夢なのか・・・

自分の母国日本での出来事なのに、テレビやネットを通して、または日本の両親、友達の話しからなど、間接的にしかその事実を受け止めることができないことに、何とも言い難い気持ちでここ何日か過ごしていました。

たとえ今自分が日本へ帰ったとしても出来ることはほんの些細なことだけかもしれません。でも、こんな辛いことが起こっているときに、日本にいてその辛さを一緒に感じることができないのが悲しいです。


被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
そして、亡くなられた方々のご冥福をお祈りしています。




今回、日本は窮地に立たされ、今までにない混乱状態にあると思います。でも、そんな中、励まし合い、相手を思いやり、協力しながら困難な状況を乗り越えているという話をインターネットやテレビで知るたびに、目がしらが熱くなります。

私の好きな言葉。

「ピンチはチャンス」

大惨事を目の前に「チャンス」だなんてとってもとっても思えない状況だけど、今回のことがきっかけで日本はもっともっと強くなれると信じています。



地震があってからの数日間、カンボジアにいる
カンボジアの人たち、アメリカ人、韓国人、オランダ人、
いろいろな国の人たちから、
「日本は大丈夫か。さやかの家族や友達は無事か。」
などと、声をかけていただきます。

カンボジアの首相は今回のことで涙を流されたとも聞きました。

いつも日本に援助をしてもらう立場だったカンボジアのみんなが、日本のために募金をしてくれています。

孤児院の子どもたちが自分たちにも何かができないかと、話し合ってくれたそうです。そして、自分たちができるのはお祈りだと言って、ドンポン像(バッタンバンの仏様)の前までお祈りに行ってくれました。お手紙も書いてくれたそうです。

世界中の人たちが日本のことを心配してくれていることにまた目がしらが熱くなります。



今回のことで改めて、人は人に支えられ、励まし合って生きているのだと感じます。



一日も早く安心した生活が戻ってくることを心より願っています。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです

ご無沙汰していました
お母様のブロ友でJICA帯広のって言えば分かりますか?
JICA帯広国際センターの研修員たちも
帰国したり精神がやられたりしてバタバタしています
でも地震や津波じゃなく彼らの不安は原発事故です
原発の問題の方が日本の復興を遅らせる種になりそうで心配です
でも絶対に日本は大丈夫!!
貴方が戻ってくるまでには元の元気な日本になってるハズ
お元気で頑張ってくださいね

追伸
トークで北海道録画して見ましたよ!

チェリーのパパさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます。
力強いお言葉に励まされました。
原発の被害、どの情報が正しいのか戸惑いますが、
最小限であってほしいと願うばかりです。
日本の底力を信じて、私もがんばりたいと思います。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

サヤ

Author:サヤ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。